トイレの修理・水漏れトラブル解決!01|岐阜で水漏れ修理・水道トラブルのご相談は安八の岐阜水漏れレスキュー隊

blog

HOME

>

BLOG

>

トイレの修理・水漏れトラブル解決!01

トイレの修理・水漏れトラブル解決!01

2019/7/8

岐阜水漏れレスキュー隊!水に関するお困り事は、小塚工業にお任せください!

小塚工業は、岐阜県安八郡輪之内町を中心としたエリアとして、岐阜市や大垣市等で、キッチン・バス・トイレ・洗面所・給湯器ポンプ等の修理工事をさせていただいております。
“老舗水道屋の三代目”として、「技術力」「対応力」「提案力」の三本柱を大切に、岐阜の“水漏れ修理の専門家”として、地域の皆様に喜んでいただけるような、“迅速修理”と“安心施工”を第一に考えていきます!

水漏れ等、水に関するお困り事をお持ちの、岐大垣市、安八町、本巣市、岐阜市に方は、阜水もレスキュー隊にお任せください!
もちろん、その他の地域も出張対応もさせていただきますので、まずはお気軽にお電話かお問い合わせください!

トイレの修理・水漏れトラブル解決! 01

 

岐阜件安八郡を拠点にして、「岐阜水漏れレスキュー隊」として活動する小塚工業です。親子三代にも亘って続く小塚工業では、トイレ、キッチン、お風呂、洗面所、給湯器、排水溝、屋外止水栓など、あらゆる水回りのトラブルに対応するために蓄積されたノウハウと高い技術力があります。水漏れ修理だけでなく、配管工事からリフォーム工事まで、水回りに関することなら幅広く承ります。

 

みなさまこんにちは。「岐阜水漏れレスキュー隊」小塚工業、広報担当のAです。

今回は「トイレの修理・水漏れトラブル解決!」と題して、トイレでの水漏れにスポットを当てて、水漏れの原因や修理方法などを、5回に亘ってお伝えしていきます。

トイレの水漏れにはさまざまな原因がありますが、ここではその中で、トイレタンクのトラブルについて取り上げます。

トイレを使い、便器の水を排水したあとは、トイレタンクに給水管から水が送り込まれます。

排水の際に動かすレバーは、タンク内で鎖によってタンク底部のゴムフロートと繋げられており、レバーを動かすと鎖に引っ張られてゴムフロートが持ち上がり、その下の空いた空間から水が排出されるという仕組みになっています。このとき、レバーとゴムフロートを繋ぐ鎖が、なにかの拍子で切れたり絡まったりしてしまうことがあります。この場合、鎖を交換する必要がありますが、鎖の長さが短すぎても長すぎても正常に作動しなくなりますので注意が必要です。また、常に水に浸される環境での使用となるため、錆びやすい素材のもの、あるいは重たすぎたり軽すぎたりするような素材のものを使用するのは止めたほうがよいでしょう。

修理の際は、必ず止水栓を閉めて、水を止めてから作業するようにしましょう。止水栓を開けたまま作業すると、より事態を悪化させてしまう恐れがあります。

 

この記事は、T-laboがお届けしています。

T-laboは、岐阜県岐阜市において、岐阜県、愛知県、三重県の東海地方を中心に、ホームページの作成・運営から、WEBデザイン、WEBサイト企画、また、パンフレットやチラシ、ダイレクトメールや冊子の企画からデザイン、制作まで、広報に関する運営を業務として活動しています。

SEO対策やSEMなど、アクセスを上げるホームページの制作などに実績があります。WEBサイトの運営から広く広報活動でお困りのかたは、是非T-laboまでご一報ください。

T-laboサイトURL

https://takai-laboratory.com/

-お問い合わせ-

岐阜水漏れレスキュー隊小塚工業
0584-69-3601
お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
  • お電話はコチラから
  • お問い合わせはコチラから