水まわりのリフォームをしませんか!?(トイレ編) 04|岐阜で水漏れ修理・水道トラブルのご相談は安八の岐阜水漏れレスキュー隊

blog

HOME

>

BLOG

>

水まわりのリフォームをしませんか!?(トイレ編) 04

水まわりのリフォームをしませんか!?(トイレ編) 04

2020/4/13

岐阜水漏れレスキュー隊!水に関するお困り事は、小塚工業にお任せください!

小塚工業は、岐阜県安八郡輪之内町を中心としたエリアとして、岐阜市や大垣市等で、キッチン・バス・トイレ・洗面所・給湯器ポンプ等の修理工事をさせていただいております。
“老舗水道屋の三代目”として、「技術力」「対応力」「提案力」の三本柱を大切に、岐阜の“水漏れ修理の専門家”として、地域の皆様に喜んでいただけるような、“迅速修理”と“安心施工”を第一に考えていきます!

水漏れ等、水に関するお困り事をお持ちの、岐大垣市、安八町、本巣市、岐阜市に方は、阜水もレスキュー隊にお任せください!
もちろん、その他の地域も出張対応もさせていただきますので、まずはお気軽にお電話かお問い合わせください!

水まわりのリフォームをしませんか!?(トイレ編) 04

 

岐阜件安八郡を拠点にして、「岐阜水漏れレスキュー隊」として活動する小塚工業です。親子三代に亘って続く小塚工業には、トイレ、キッチン、お風呂、洗面所、給湯器、排水溝、屋外止水栓など、あらゆる水回りのトラブルに対応してきたことで蓄積されたノウハウと高い技術力、そしてお客さまがお困りになられたときにいつでも駆けつける俊敏さと安心感があります。水漏れ修理だけでなく、配管工事からリフォーム工事まで、水回りに関することなら幅広く承ります。

 

こんにちは。「岐阜水漏れレスキュー隊」小塚工業広報担当のAです。

トイレのリフォームに関する失敗談を挙げながらその対処法をみています。

次に、トイレの床材です。おしゃれにこだわろうとして、トイレの床を無垢材にされるかたがいますが、トイレはやはり水回りに含まれる場所ですので、水に弱くすぐシミになる無垢材は不向きです。トイレの床には、クッションフロアシートがおすすめです。リーズナブルでアンモニアや洗剤に強く、デザインの種類も豊富にあります。

意外と難しいのが、照明です。トイレの照明は、暗すぎては使用の際や掃除の際に手元が見づらく危ないですし、かといって明るすぎても落ち着きません。

青く光る昼光色ではなく、オレンジ色に光る電球色の電灯に変えてみるのはいかがでしょうか?

電球色なら、多少明るくても落ち着かなくなることはあまりありませんし、温かさや安らぎを演出することにもなります。

トイレ内の明かりといえば、採光のための窓ですが、トイレの窓も設置が難しいものです。

採光のためにと広く作りすぎると外からの目線が気になりますし、狭いとトイレ内が暗い印象になり、また換気も十分にできなくなります。そこで、トイレの窓はなるべく高い位置に設置し、磨りガラスや曇りガラスを使いましょう。トイレはもともと狭い空間を想定して作られていますので、多少小さな窓でも採光はじゅうぶんです。

 

-お問い合わせ-

岐阜水漏れレスキュー隊小塚工業
0584-69-3601
お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
  • お電話はコチラから
  • お問い合わせはコチラから