水まわりのリフォームをしませんか!?(お風呂編) 04|岐阜で水漏れ修理・水道トラブルのご相談は安八の岐阜水漏れレスキュー隊

blog

HOME

>

BLOG

>

水まわりのリフォームをしませんか!?(お風呂編) 04

水まわりのリフォームをしませんか!?(お風呂編) 04

2020/2/3

岐阜水漏れレスキュー隊!水に関するお困り事は、小塚工業にお任せください!

小塚工業は、岐阜県安八郡輪之内町を中心としたエリアとして、岐阜市や大垣市等で、キッチン・バス・トイレ・洗面所・給湯器ポンプ等の修理工事をさせていただいております。
“老舗水道屋の三代目”として、「技術力」「対応力」「提案力」の三本柱を大切に、岐阜の“水漏れ修理の専門家”として、地域の皆様に喜んでいただけるような、“迅速修理”と“安心施工”を第一に考えていきます!

水漏れ等、水に関するお困り事をお持ちの、岐大垣市、安八町、本巣市、岐阜市に方は、阜水もレスキュー隊にお任せください!
もちろん、その他の地域も出張対応もさせていただきますので、まずはお気軽にお電話かお問い合わせください!

水まわりのリフォームをしませんか!?(お風呂編) 04

 

岐阜件安八郡を拠点にして、「岐阜水漏れレスキュー隊」として活動する小塚工業です。親子三代に亘って続く小塚工業には、トイレ、キッチン、お風呂、洗面所、給湯器、排水溝、屋外止水栓など、あらゆる水回りのトラブルに対応してきたことで蓄積されたノウハウと高い技術力、そしてお客さまがお困りになられたときにいつでも駆けつける俊敏さと安心感があります。水漏れ修理だけでなく、配管工事からリフォーム工事まで、水回りに関することなら幅広く承ります。

 

こんにちは。「岐阜水漏れレスキュー隊」小塚工業広報担当のAです。

風呂場のリフォームに関する費用は、どこまでの工事をするかによって大きく変わってきます。

参考程度に挙げますが、たとえば給湯器を交換するだけの場合なら設備費と工事費を合わせて10万円から15万円ほど、ユニットバスを最新式のものに交換するなら設備費と工事費を合わせて50万円から70万円ほど、在来工法の浴室をユニットバスに変えるなら、70万円から90万円ほどとなります。

在来工法の浴室をユニットバスに変える工事がやはりもっとも費用がかかります。在来工法の浴室にユニットバス本体をすっぽり収めればよいうというわけではなく、一度浴室を解体してから床下に土間を作り、外壁を作り直してからユニットバスを収めるという作業工程になるためです。また、解体したタイルやモルタルの廃棄にも費用がかかってきます。

ユニットバスからユニットバスへの交換は、在来工法からユニットバスへの乗り換えほど費用はかかりませんが、昔のユニットバスと最新のユニットバスを比べると、最新のユニットバスのほうが浴槽の設置部材が短い場合が多く、そうなると排水管に傾斜を付けにくくなるため、床の高さを上げなくてはならなくなり、そうなると浴室と脱衣所の床面の高さが合わなくなり、それを補正するための大きな工事に発展する可能性も出てきます。

-お問い合わせ-

岐阜水漏れレスキュー隊小塚工業
0584-69-3601
お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
  • お電話はコチラから
  • お問い合わせはコチラから