水漏れは配管の老朽化も原因です!2|岐阜で水漏れ修理・水道トラブルのご相談は安八の岐阜水漏れレスキュー隊

blog

HOME

>

BLOG

>

水漏れは配管の老朽化も原因です!2

水漏れは配管の老朽化も原因です!2

2019/6/10

岐阜水漏れレスキュー隊!水に関するお困り事は、小塚工業にお任せください!

小塚工業は、岐阜県安八郡輪之内町を中心としたエリアとして、岐阜市や大垣市等で、キッチン・バス・トイレ・洗面所・給湯器ポンプ等の修理工事をさせていただいております。
“老舗水道屋の三代目”として、「技術力」「対応力」「提案力」の三本柱を大切に、岐阜の“水漏れ修理の専門家”として、地域の皆様に喜んでいただけるような、“迅速修理”と“安心施工”を第一に考えていきます!

水漏れ等、水に関するお困り事をお持ちの、岐大垣市、安八町、本巣市、岐阜市に方は、阜水もレスキュー隊にお任せください!
もちろん、その他の地域も出張対応もさせていただきますので、まずはお気軽にお電話かお問い合わせください!

水漏れは配管の老朽化も原因です!2
「配管が老朽化する原因」

 前回までは老朽化した配管の取り替え方や、それに伴うメリット、デメリットについてお話しをしてきました。今回はその原因についてお話ししていきたいと思います。
 水道の配管は、毎日水に触れている配管です。もちろん、水に触れるのに適した金属であるスレンレスなどを使い、長く使用できるものを使っています。ですが、いくら長期間使用できるといっても、毎日の排水などを流しているうちに、特に排水溝や排水管は、上水水道管に比べ劣化の速度が速くなります。
 特にお風呂やトイレ、キッチンなどの排水管は、下水に流すものですので、キッチンはなま物を扱いますし、お風呂ではシャンプーや石鹸、髪の毛、肌の汚れなどを洗い落とすため、汚れが蓄積されやすいです。トイレの排水管も同様です。日々、下水に流すものを排水しているのですから、水だけを流すわけではなく、必ずどこかで汚れや、掃除を怠っている場合、ヘドロ化した排水がたまってしまう可能性があります。こうなると、いくら耐久性がある配管であっても、数十年使ううちに接続部分から劣化をしていき、気づかなかった場合、そこから水漏れが始まり、外側からも金属の場合はサビが原因で劣化を早めてしまいます。(現在はポリエチレンやプラスチック樹脂の配管が主流です。)この劣化の速度を止めるための方法については以前にお話ししましたので、そちらの記事をご覧頂ければ幸いです。以前にもご説明しました方法で、配管の寿命は少し伸ばす事は可能です。ですが、それでもいつまでももつ、というわけではありませんので、いつかは交換が必要になります。特に賃貸の物件の場合は築年数もありますので、一体いつから交換していないのかというのもわからない部分が多いと思います。自己物件の場合は、年数を考えながら、毎年、毎日の点検を怠らず続ける事で、劣化部分が見つかったらすぐに対応できると思います。
 水漏れが起こる前に、何年、何十年も交換を行っていない水道管、配管がある場合は、点検を行い、ご自身で判断ができない場合、岐阜にお住まいの方あれば、岐阜水漏れレスキュー隊の我々が点検、交換、修理全ての作業を行う事もできますので、ぜひ一度お問い合わせいただき、お悩みのご相談だけでもお気軽にして頂ければ、迅速に対応いたしますのでご検討ください。
 次回は、配管の種類と、耐久年数について、屋外の配管についてのお話をしたいと思います。

-お問い合わせ-

岐阜水漏れレスキュー隊小塚工業
0584-69-3601
お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせ
  • お電話はコチラから
  • お問い合わせはコチラから